Tag Archives: タイミング

マイベストプロテイン!


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

今週41歳の誕生日を迎えます!今年は本厄を迎えるので、事故・病気・ケガ・トラブルに見舞われる可能性が高いとすでにビビッています(゜-゜)

まずは厄除けに行こう!と思う今日この頃です。。。

 

さて本日は、私の一番お気にいりのプロテインを紹介したいと思います。

実は私は胃腸が弱く?、プロテインを飲むと下痢気味になるのでこれまでプロテインが嫌いでした・・・



嫌いな理由は他にもあって、どのプロテインを飲んでもあまり美味しいと感じたことがありませんでした・・・

味もプレーンやイチゴ、チョコやコーヒーなどいろいろ試したのですが私に合うもの、美味しいと感じたものはありませんでした・・・

しかし・・・昨年、ついにプロテインが苦手な私が「美味しい!!!」と思えるプロテインと出会うことが出来ました(>_<)!

それはズバリ・・・

「DNS」というメーカーの「抹茶味」のホエイプロテインです!!!



この際細かいプロテインの成分は置いといて、そのプロテインらしからぬ「味」が本当に素晴らしく、ただの「美味しい抹茶ラテ?!」のようなんです(>_<)

ぜひプロテインが苦手という方に、一度試してもらいたいと思います!

 

肉体改造をする上でトレーニング終了後はもちろん、時間がない時の朝ご飯や夜ご飯の替りなどにもプロテインはとても効果的です。



プロテイン1杯でタンパク質が約20g摂取出来るので、1日の必要なタンパク質摂取量が足りていない時は、プロテインを間食として飲むのもとても良いことだと思います!

いろんなタイミングでプロテインを飲むときに、味が美味しいにこした事はないと思います(^_^;)

これまでプロテインが苦手だった方は、ぜひ1度「DNSの抹茶味プロテイン」をお試しください(^^)/

これがプロテイン?!と言う位、本当に美味しいですから(^O^)

それでは、また。

 

追伸

プロテインも1日にあまり摂りすぎると腎臓に負担がかかると言われています。。。

トレーニングを激しくして大量のタンパク質を必要とするボディビルダーは例外として、普通の人は1日1、2回程度のプロテイン摂取が良いと思います。

基本はしっかり食事でタンパク質を摂るように心がけましょう(^^)/

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

タンパク質をしっかり摂りましょう!


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

とうとう冬本番、埼玉でも雪がちらつく日も出てきました(゜o゜)

風邪、インフルエンザにならないように体調を整えて、冬を乗り切りましょう!

 

さて、本日はタンパク質の摂り方について少しお話したいと思います。

簡単に言えばタンパク質は筋肉を作る材料で、どれだけトレーニングに励んでもタンパク質を適切に摂らないと肉体改造は上手くいきません。。。

簡単に言うと、タンパク質は大きく5つに分類されます。

肉類・魚類・卵・乳製品・豆類です。

その他にも野菜などに少しタンパク質が含まれる食材もあります(ブロッコリーなど)が、概ね上記の5つの食材からタンパク質を摂取することになります。



大体1日に必要なタンパク質量が体重と同じグラム数と言われています。ですので、例えば私の体重が約80kgだとしたら、私が1日に必要なタンパク質量は80gになります。

トレーニングをした日や翌日は、筋肉の修復・合成のためにタンパク質を多く必要とするので、日頃よりも1.5~2倍程度タンパク質を摂取するようにしましょう。

 

あと注意したいことは、タンパク質は一気に体内に取り込むことが出来ないという点です。

1度に体内に取り込めるタンパク質の量は個人差もありますが、大体20~40gだと言われています。

それ以上1度に摂取しても脂肪になるだけなので注意しましょう。。。

例えば私が朝パン、昼はカップラーメンでタンパク質が朝昼あまり摂取出来なかったからと言って、夜に焼肉をたくさん食べても、体内に入るタンパク質摂取量は多く見積もっても40gしかなく、最低必要な80gには全く足りていません・・・

トレーニングした日や翌日だとタンパク質が120g必要なのに、40gしかタンパク質を摂れないのなら、どれだけ良いトレーニングをしてもカラダが劇的に変わることはありえません。。。

タンパク質を120g摂るとしたら朝20g、昼30g、間食30g、夜40g摂るイメージを持たないといけません。

ボディビルダーが間食でプロテインを飲んでいるのは、一度にタンパク質を体内にたくさん摂取できないのを知っているからです。

加えて3食の食事でタンパク質を100g以上摂取するのは大変なので、プロテイン(20~30gタンパク質が入っている)を使ってタンパク質を摂取しているのです。



どれだけ良いトレーニングをしても、タンパク質(厳密に言えば、野菜や炭水化物も必要ですが)を必要量きちんと摂取していないと効率的な肉体改造は出来ません。

あなたもタンパク質の食材・量・タイミングを意識して効率的な肉体改造をしてください!!!

それでは、また。

 

追伸

プロテインを摂取する1番良いタイミングはトレーニング後45分以内と就寝30分~1時間以内だと言われています。

あとは朝食を食べない方も多いので、朝食代わりにプロテインを摂取するのもとても良いと思います。



 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

筋トレで筋肉を壊し、食事と睡眠で筋肉を作る!


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

あっという間にお盆休みも終わりました!

しっかりカラダを休めて、旅行や帰省したりしてリフレッシュ出来ましたか?

私はのんびりリフレッシュが出来て、また仕事に対するモチベーションが上がってきました!!!

これからまたビシバシ指導に励みたいと思います(^^)/

 

さて、本日は「筋トレで筋肉を壊し、食事と睡眠で筋肉を作る!」ということについてお話ししたいと思います。

よく見学・体験に来られた方や入会したばかりの会員さまから 、「筋トレして筋肉付きますよね!?筋肉つけたいんです!」とよく言われます。



・・・その質問&答えは「半分正解」で「半分間違い」です。。。

正しくは「筋トレで筋肉を壊して、壊した筋肉を食事(栄養)と睡眠(休養)で修復する時に、筋肉がより強くなる」です。

カラダを「劇的」に変えるには正しい食事と深い睡眠が必要不可欠です!





どれだけ激しく長時間、自分の限界までトレーニングしても、食事が悪く(菓子パンやカップラーメンなど頻繁に食べたり・・・)、ぐっすり眠ることが出来ないとカラダはなかなか変わってきません。。。

特に睡眠時間が6時間以下の方は、太りやすいというデータがあります。。。夜勤のある仕事(看護師・看護師・コンビニなど)の方は睡眠という点で肉体作りには不利だと言えます。。。

筋トレに関して言えば、一般人であれば自衛隊式30分サーキットをしっかり追い込んでやれば、週2回で十分効果的だと断言出来ます!

これにさらに痩せたければサーキットトレーニングした日以外に、30分程度の有酸素トレーニング(ウォーキングやジョギング)で脂肪燃焼させればより効果的です!

もしくは筋肉をよりつけたいのであればフリーウェイトトレーニングでBIG3などの種目を週に1,2回トレーニングすればより効果的でしょう!

 

多くの人はトレーニングをしっかりすれば体が変わると思っていますが、トレーニングだけではカラダは多少変わっても、「劇的」には変わりません・・・

何度も言いますが・・・

筋トレは筋肉を壊す作業なので、筋肉の修復させるために、間隔を空けてしっかり栄養と休養を摂らないといけません。つまり日頃から正しい食事(栄養)と、しっかり睡眠(休養)を繰り返すことが必要になります。

正しい食事と睡眠の自己管理の方がトレーニングよりも100倍大変だと私は思います。。。

トレーニングはアーミーフィットネスジムに行くだけで、全身をしっかり追い込んでくれるのですから、こんなに楽なことはないですよね(^_^;)

あなたがもし本気で筋肉をつけたいなら、トレーニングと同じくらい食事内容と睡眠の質にも気を付けて生活するようにしましょう!

それでは、また。

 

追伸

トレーニングされている方はプロテインを摂取されている方も多いと思います。



プロテインの摂取するタイミングとして一番良いゴールデンタイムと呼ばれているタイミングは、「トレーニング直後30分以内」と「就寝前」です。

一般的にトレーニング直後はよく知られていますが、就寝前はあまり知られていない気がします。

睡眠中は活発に筋肉を修復・回復させようとしているので、このタイミングのプロテイン摂取が良いとされています。

1日の食事を振り返って、1日に必要なたんぱく質の量が取れていないなと思ったら、就寝前にプロテインを飲むことも考えましょう(^^)/

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,