Tag Archives: ビジネス

「マズローの5段階欲求」と「答えはすでに知っている」


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジム「アーミーフィットネスジム伊藤隊長です。

先日ライザップ特集の雑誌を買いました。個人的にカーブスやライザップのビジネスモデルは同業者としてすごく興味があるので、関連本はよく読んでいます。



今回読んだ雑誌の中でライザップの瀬戸社長が言うことに、とても共感できたことがあったので、それを以下簡潔に紹介したいと思います。



1つは「マズローの5段階欲求」でもう1つは「答えはすでに知っている」ということです。

マズローの5段階欲求とは以下のようになります。

①「生理的欲求」⇒②「安全欲求」⇒③「社会的欲求」⇒④「承認(尊厳)欲求」⇒⑤「自己実現の欲求」



①と②は人として当たり前の欲求ですので説明を省きます。。。

③の社会的欲求は昭和の時代に強かった価値観で、良い会社に入りたい、幸せな家庭を築きたいという欲求です。

平成の現代はむしろ、社会的欲求よりも誰かに認められたいという④の承認(尊厳)欲求や、なりたい自分になりたいという⑤の自己実現の欲求を求める人の方が多いのではないかと推測されます(SNSの流行など)。

ライザップのビジネスの成功は「承認欲求と自己実現の欲求を満たすこと」にあると瀬戸社長は述べています。

そしてもう1つ「答えはすでに知っている」ということです。ダイエットの方法も受験勉強も誤解を承知で言えば、誰でも知っているということです。

ダイエットも受験勉強も参考書は千円程度で買えます。それを「三日坊主」で終わらせないことがどれだけ難しいかということを、瀬戸社長は強調しています。

私も最近よくそう思うことがあります。

どうすればダイエットにしろ肉体改造にしろ成功するのかと言えば、トレーニングにしろ食事制限にしろ、「継続する」ことが絶対条件です。

どうすれば継続出来るかは、個人の気持ち・モチベーションによるところが大きいわけですが、モチベーションが落ちた時に見捨てたりせず、どこまで寄り添えるか(踏み越めるか)が、素晴らしいトレーナーか普通のトレーナーかどうかの 差になってくるのではないかと思っています。

効果の出るトレーニングと食事、休養の指導が出来るのはトレーナーとして当たり前で、会員さまにどうやってそれらを継続・習慣化させてあげられるのか?

・・・答えなんてないし、人それぞれ違うとも思いますので、永遠の課題になりますが、常にどうすれば最善の方法なのか考えています(考えるべきです)

「答えはすでに知っている」ということから、いかに「継続が困難」かということを知り、その継続の方法として「マズローの5段階欲求」の4段階、5段階目の承認欲求や自己実現の欲求をうまく生かすべきだというライザップの手法は王道だと思います。

誰かに認められたい、すなわち異性にモテたい、同性から尊厳を集めたいという気持ちが承認欲求です。それを超えると、誰にも理解されなくてもこうありたいという自分の欲求に従う気持ちが自己実現の欲求です。

ボディビルダーなどはおそらく誰かに認められたいという気持ちをよりも、もっとこうありたいという気持ちが大きいような気がします(軍曹を見ているとつくづくそう思います)

おそらく5段階目の自己実現の欲求まで到達できるとトレーニングの継続は比較的簡単になるような気がします(自分の経験上)

まずは4段階目の自分の承認欲求をしっかり確認して、トレーニング(食事制限)をはじめましょう!!!

トレーニング(食事制限)をはじめてある程度周りから認められると、もっとこういうカラダになりたいと思い始めるかもしれません。そうしたらしめたもので、きっとトレーニングを継続するのも簡単になるのではないかと思います。

本を読んだだけではダイエットも肉体改造も成功出来ません。。。

まずは自分の出来る範囲でコツコツ頑張っていきましょう!

それでは、また。

 

追伸

私も最初は、スポーツジムのトレーナーとして会員様から認められたい(バカにされない?)という気持ちを、筋トレやボクシングのトレーニング継続のモチベーションにしていました。

今はそこそこ会員様からも信頼されてきたこともあり(?)、最近はトレーニングに対するモチベーションが自分の内面に向いてきたように感じています。

具体例で言うとベンチプレスで120kg、スクワットで140kg、デッドリフトで150kgを目標にしています(現在ベンチ105kg、スクワット120kg、デッド125kg)。しかし・・・

・・・そんなに上げる必要はないのはわかってはいるんですが、なぜか上げたいんです。。。

これが承認欲求よりも自己実現の欲求?なんでしょうか・・・トレーニング継続の大きなモチベーションにはなっていますけど(^_^;)

 

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ペッパーには負けられません!!!


こんにちは。埼玉県越谷市にある
アーミーフィットネスジム
伊藤隊長です。

先日38歳の誕生日を迎えました!

37歳は大きな事故や怪我・病気もなく、ジムの営業も
幸い順調に営業できて本当に良かったです。

38歳の目標は人生初の海外旅行を行ってみようかと
計画しています。

グアムか台湾が海外初心者には良いということで、
どちらか行けるように38歳も全力で頑張っていき
たいと思います!

 

さて本日は、ロボットの「ペッパー」についてお話
したいと思います。

アルバイトの田中くんが4月から就職するということで、
新たにアルバイトか思い切って正社員を雇おうかと
考えています。

しかし、アーミーのアルバイト&正社員は簡単に見つかる
とは思っていません。。。

また次回にでも求める人材については詳しく書きますが
・・・

今年中に一人でも採用できればいいなと思っているの
ですが、最悪誰も採用に至らなければ、ロボットの
「ペッパー」を受付に置こうかと考えています!



 

 

←ペッパー!

 

 

 

ペッパーが一体どこまで使えるのか全くの未知数なの
ですが、受付でいろんな専用アプリや機能で会員さま
と軽いコミュニケーションが出来ればいいかなと思って
います。

3月には期間限定でペッパーだけのソフトバンク
ショップもオープンするらしいので、一度見学に
行こうとも思っています。

将来ペッパーがすごく進化して自由に動いたり喋れたり
するともしかしたらものすごいトレーナーになる可能性
がありますよね!

しかし、将来そうなる可能性があるとしても、人間として
絶対にペッパーに負けるわけにはいかないとも強く思って
います。

アーミーフィットネスジムのトレーナーはただ回数や時間
を数えるだけが仕事ではなく、頭をフル回転して臨機応変
にプログラムを構成したり、レベルに応じて指導したり
しないといけません。

加えて世間話をしたり、子供を抱っこしてあやしたり
他にも様々なことをしないといけません。

アーミーフィットネスジムの一番の良さは、人対人の
指導だったり付き合いだと思っています。

例えばペッパーがとても優れていて、10台購入して各
トレーニングエリアに設置したとしたら、最初は珍しくて
面白いかもしれませんが、すぐに飽きられてジムの
経営が行き詰まるのではないかと思います。

もしペッパーだらけのスポーツジムがあったとしても
自分が通うことはないと思います(見学には行きますが)
。。。



←ペッパー量産中!

 

 

 

将来簡単な仕事はロボットが出来るようになると言われて
います。実際にホテルの受付、警備、車の自動運転など
技術は日々進化していて驚くような技術がぞくぞくと
世の中に出てきています。

常日頃思っていることですが、人間はロボットが出来る
ような仕事はしないようにしないと、将来食べていけ
ないのではないかと思っています。

フィットネスジムのトレーナー業も同じで、シュワちゃん
みたいなターミーネーターのロボットが開発・普及したら
人間のトレーナーは太刀打ちできない可能性があります。



←いかつい。。。

 

 

 

だからこそトレーナーは会員さまとよく喋ってコミュニ
ケーションを図って、手本をわかりやすくカラダを
張って示さないといけないと思うのです。

世間話もできないで、メタボで手本も示せない口先だけ
のトレーナーに指導されるなら、ペッパーに指導されて
もかまいませんが。。。

 

ロボットにはまだまだ人間の感情を理解することは
難しいと思います。

逆に言えば、会員さまの感情を刺激してやる気を出さ
せたり、辛い時は励まして支えたりしていかないと
これからのアーミーフィットネスジムの未来はない
のかなとも思います。

今年いい人材が見つからなければペッパー君が受付に
いることになりますが、その時はどうぞよろしくお願い
致します。

それでは、また。

 

追伸

ペッパーは一般家庭用とビジネス用があり、両方とも
3年契約縛りがあります。

一般家庭用は最初に約20万円、月々2,5万円
ビジネス用は月々5,5万となっています。

アーミーフィットネスジムでは接客や受付業務を想定
しているのでビジネス用を考えているのですが、
どこまで仕事が出来るかによっては月5,5万円の
アルバイトを雇う感覚です。

もしも会員様の顔を覚えることができて、「~さん、
こんにちは~」と言えたり、簡単な世間話でも出来れば
導入してもいいと考えています。

実際見てみてよく考えてみようと思っています。

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,