Tag Archives: 屈み跳躍

恐怖のレンジャー漫談&コント!


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

実はなるべく月に1度は、アーミーフィットネスジムとして何かイベントを開催したいと考えています(^O^)

というわけで、今月は初めてのイベントとして、レンジャー佐々木による「恐怖のレンジャー漫談&コント」というイベントを開催します!



そこで今回のブログでは、「レンジャー」に対する私の気持ちを少しお話して、イベントの告知もしたいと思います。

「レンジャー」とは・・・以下簡単にウィキペディアから抜粋します。

陸上自衛隊では、レンジャー課程・教育について、実戦的環境下で段階的に与えられる困難な想定を克服して、自ら進んで難局にあたる気風を醸成し、旺盛な責任感と体力の限界においても任務を完全に達成する俯仰不屈の気力を涵養する、としている。

陸上自衛官約14万人のうち、約8%の隊員がレンジャー資格を持つ。なお、レンジャー隊員になっても、手当が増額するなど、直接的な待遇面での優遇は無い。

訓練に参加するには、年齢・体力の基準を満たしていなければならない訓練期間中、学生は、教官からのあらゆる指示には絶対服従であり、一切反論せず「レンジャー!」とのみ応える

陸曹士課程の期間は9週間とされている。まず4週間の予備訓練で体育(体力向上運動、持久走)、障害物走路、銃剣術、生存技術[注 2]、ゴムボート訓練が行われる。次に山岳基礎訓練(ロッククライミング、リペリング、ロープ橋、患者搬送など)が1週間、最後の斥候訓練が4週間とされる。

すべての訓練が終了すると、帰還行事が行われ、隊員にレンジャー徽章が授与される



私は自衛隊在籍時代はもちろん、今でも「レンジャー」の資格を持っている方々を尊敬しています

いや・・・持っていなくても「レンジャー課程・教育」に挑戦した方すべてを尊敬しています

私は過去、恥ずかしながらレンジャー素養(試験)に挑戦して屈み跳躍(ランジジャンプ)35回がどうしてもクリア出来ず(T_T)、最後お情けで素養に合格しましたが、そのふがいなさで自信を無くし、ビビッてチャレンジさえしませんでした・・・

当時、真剣にレンジャー教育に対して準備・錬成していなかったので、ビビッて挑戦しなかったのは仕方がないとはいえ・・・

今なお、元自衛官として大きな後悔の一つとして、レンジャー教育に挑戦しておけば良かったと心底思っています

その点、今は従業員で当時は新隊員同期としてレンジャー教育に参加した佐々木君は本当に尊敬に値します

残念ながら1ヶ月程度で原隊復帰(リタイア)してしまいましたが、その奮闘ぶりは同じ駐屯地で生活しているといやでも目につきました。

終わらない反省(腕立て&屈み跳躍&体幹&正座など)・・・





 

夜間に鳴り響く笛の音(非常呼集)・・・

飯&風呂の素早さ(1分?!)・・・

恐ろしいレンジャー5訓・・・



などなど、佐々木君に当時のことを聞くと、耳を疑うようなエピソードが盛りだくさんあります(゜-゜)

今回の「恐怖のレンジャー漫談&コント」では、そうした一般人からは想像できないエピソードや、会員としてトレーニングしているからこそわかるツラさを面白おかしく?!漫談やコントで会員さまにお伝えできればと思っています。

会員さま限定で「無料」で参加できるので、たくさんの方に拝聴していただきたいと思います!!!

佐々木だけではなく、私や渡辺もコントで協力予定!?ですのでお楽しみに!!!

それでは、また。

 

追伸

参加者が10人以下だと寂しいので、漫談だけで終わる予定ですが、10人以上いるとコントもやります!!!

温かい目で?!笑っていただけたら幸いです(^_^;)

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

体罰について思うこと


こんにちは。埼玉県越谷市にある
アーミーフィットネスジム
伊藤隊長です。

突然ですが、あなたは体罰についてどう思いますか?

絶対反対ですか?
時と場合によっては賛成ですか?
それとも普通に賛成ですか?

先日、大阪の学校でバスケの部活動で顧問の体罰が
原因で生徒が1人自殺しました。



 

 

 

 

 

報道によると30発もの体罰が日常的にあったそうです。

30発もの暴力を振るう人を私は自衛隊でも見たことが
ありません。

自衛隊でも見たことが無い非日常の暴力が学校生活でまかり通って
いることに驚きと怒りでいっぱいです。

自衛隊の教育部隊では悪いことをしたら、「反省」という
名の「体力練成」すなわち、腕立て伏せや屈み跳躍などを
します。

10年の自衛隊生活だけでなく、34年の人生を振り返ってみても、
 30発も人をたたくという暴力は見たことがありません。

本当に悪いことをして、口で指導して、それでも全く
反省していないとき、自分がその職を辞めてもいいという
気持ちがあってはじめて、一発たたいてもいいと私は
思います。

アーミーフィットネスジムの会員さまでも、私はそういう
気持ちで指導しています。

ジムの雰囲気を悪くしたり、和を乱したり、空気を読まない
悪ふざけをする会員さまには厳しい指導をします。

特に小学生以上の会員さまのお子様には厳しくしています。
(幼稚園までの子には甘いです。。。)

混雑時に大人の会員さまの妨げになるような子供については
怒りますし、あまりにひどい場合にはたたくこともあり
ます。

その際は必ず、親の前で、会員さまの前でたたきます。

それは自分の子でも同様です。

会員さまに指導中の私にとっては真面目にトレーニングしている
会員さまの方が自分の子供より大切なのです。

過去には、自分の子供が混雑時ふざけたので、会員さまの前で
たたいたこともありますし、ふざけた会員さまの子供を
たたいてそれが原因で家族ごと退会された方もいます。

ふざけた大学生の体験者さまをガチンコスパーで
追い返したこともあります。

年は関係ありません。
小さかろうが、年上だろうが会員さまのトレーニングに
迷惑になる方には厳しい態度をとります。

 

結論として私は仕方の無い体罰には賛成ですが、
30発も殴るような理不尽な体罰には絶対反対です。

結果的に殴られた生徒は自殺という選択をしたわけですが、
もしかしたらその顧問の先生を殺してから自殺するという選択を
する可能性もあったんじゃないかと想像してしまいます。

 

もしも自分の子供が大きくなって部活で30発殴られて
帰ってきたら間違いなく、私はその顧問の先生のところ
に行って、状況説明・謝罪・裁判等出来る限りのことを
してその先生と戦うでしょう。

それぐらい「30発」は異常です。

あなたはどう考えますか?

それでは、また。

 

追伸

私の妻は学生時代バスケ部で、強豪校との対戦の際、
相手が圧勝しているのに、相手の選手が監督からたたかれ
ているのを見たことがあるそうです。

元プロ野球選手の桑田真澄選手も学生時代に体罰が
あったことを記事で告白していました。

どんな指導者でも真剣に物事に取り組んでいない
選手や、まだ伸びる選手には現状に満足しないように
厳しく指導するものです。

それでもやはり手を出すのは最後の最後の・・・
一発だけだと思うのです。

自分の子供はまだ5歳ですが・・・

部活で筋の通った体罰を受けた時に、
「全て自分が悪い。これからもっと頑張るよ!」と
心を入れ替えて、選手としても人間としても
成長していく、そんな指導を受けてほしいと願います。

指導者の先生は大変ですが頑張ってください!

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,