Tag Archives: 日本人

メンタルを向上させるには?!


こんばんは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

テニスの4大大会の1つ、女子全米テニスで大坂なおみ選手が日本人として初めてメジャー大会で優勝しました!!!



その愛くるしいキャラクターが注目されていますが、今回優勝した大きな原因として「メンタル面の向上」と「7キロの減量」がメディア等で取り上げられています。

そこで今回は「メンタルの向上」について私の考えを少し話したいと思います。

2年前までの大坂選手は、試合中に泣いたりキレたり、感情の起伏が激しい選手として有名でした。

それが1年前からコーチが変わり、(コーチの影響で)大きくメンタル面でプラスに作用したと伝えられています。

いわく、そのコーチはとても「ポジティブ」で、良い意味でとても「おおざっぱ?」だそうです。





そのコーチのメンタル指導&影響を受けて、ミスをしても「今のは仕方ないな~我慢、我慢」と思えるようになったらしいです。

大坂選手は元々繊細で内向的で完璧主義らしいので、ハマれば強かったのですが、ミスをしだすと自滅するパターンが多かったと言われています。

それが今回はミスをしても、キレたりせずにとてもよく「我慢」していたと思います(対戦相手のセリーナはラケットを折ったり、審判にクレームをつけたりしていて、本当に対照的な振る舞いでした。。。)。



ミスをした時に「最悪だ・・・私は本当にダメだな・・・」と思って自分を責めたり人を責めたりするか、「ドンマイ。次があるさ!」と思えるかは選手としても、人としても大きな違いがあると思います。

今回大坂選手のメディア等の特集の中で、大坂選手がよく口にしていた言葉で印象的だったのが「我慢」でした。

「我慢」という言葉を意識して口に出せること自体、大坂選手のメンタルが数年前よりも数段向上していた証のような気がします。

人生でもトレーニング(スポーツ)でも、楽しい時は何でもうまくいくものですが、苦しい時にどれだけ我慢して前に進めるかで結果が大きく違うと思います。

 

極論ですが、メンタルを向上させるには楽しいことよりも苦しいこと、つらいことを経験(我慢)した方がより効果があると私は思っています。

自衛隊在籍時は「規律と訓練」のおかげで「我慢」することが当たり前でした。。。入隊当初は特に「規律」が嫌で嫌で仕方なかったのですが、厳しい規律を経験したおかげで?今はそこそこ我慢強い方?だと思います(^_^;)



トレーニングで言えば最初は運動すること自体楽しいことの方が多いかと思いますが、トレーニングが追い込めるようになってくるとトレーニングすることがつらい・・・と思うことも多くなります。。。

今回大坂選手は7キロも減量したのですが、筋肉はしっかりついていたところを見ると、かなりハードな筋トレと厳しい食事制限をしたことが推測出来ます。



筋トレと食事で自分を追い込めたことも「メンタルの向上」につながっているのではないかと思います。

 

「追い込む=我慢する」

そして・・・我慢する(できた)ことが、メンタルの成長につながると確信しています。

楽しいこと、楽なことばかりしているとメンタルは向上しません。。。

当たり前ですが、人生でも仕事でも、トレーニングでも、スポーツでも何でも、苦しいこと辛いことを我慢した先に、結果はもちろん、楽しさややりがいや自信が生まれるものだと思います。

人生や仕事が順調な方?でよりメンタルを向上させたい方は、ぜひ筋トレをして自分を追い込んで、メンタルを向上させてほしいと思います。

ただしメンタルをしっかり向上させたい方は「楽な」筋トレではなく、「きつくてしっかり効果が出る」筋トレをしましょう!!!

それでは、また。

 

追伸

本屋さんには「楽して痩せる」などの肉体改造やダイエット本がたくさんありますが、効果があるかどうかは別として、そういう類の本が私は嫌いです(-_-)

楽して手に入れたものは、簡単に手放すものだと私は思っています。。。

我慢して・・・苦労して・・・努力して・・・

手に入れたものが本物だと私は思います。

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

どこの筋肉を使っているか意識しましょう!


こんばんは。埼玉県越谷市にある
アーミーフィットネスジム
伊藤隊長です。

テニスの錦織選手が2週連続トーナメント優勝したり、
サッカーの本田選手がイタリアのリーグで大活躍したり
とスポーツ好きの私としては最近元気が出るニュースが
続いて嬉しいです!



 

←2連続トーナメント優勝した錦織選手!

 

 



 

←フリーキックを決めた
本田選手!

 

 

 

一昔前はフィジカルで劣る日本人という固定観念が
ありましたが、今ではそんなイメージはなく、特に
「敏捷性」と「スタミナ」においては日本人はとても
優れているイメージが定着してきました。

「パワー」や「テクニック」ももちろん大事ですが、
球技ではそれだけでは勝てません。

錦織選手のような「戦略」が優れていたり、本田選手の
ように「メンタル」が優れていないと勝負になりません。

錦織選手も本田選手もケガだけ注意して、これからも
活躍して欲しいですね!

 

さて本日は筋トレにおいて最も大事なことの一つでも
ある「マインドマッスルコネクション」について
少しお話したいと思います。

マインドマッスルコネクションは直訳すると
「心と筋肉のつながり」といいます。

その意味は「筋肉を意識して動かす」ということです。

筋トレにおいて「どこの筋肉をトレーニングしている
のかイメージする」ことはとても大切なことです。

タレントしても有名なアーノルド・シュワルツェネッガー
は、ボディビルダーとしても大変有名なことで知られて
います。

アーノルド・シュワルツェネッガーは例えばハードな
腕の筋トレをする前には「上腕二頭筋が山のように
大きくなる」ようにイメージ・意識して筋トレしていた
そうです。



 

←若かりし頃のアーノルド・シュワルツェネッガー

 

 

 



 

←山のような上腕2頭金!

 

 

 

今している筋トレがどこの部分をトレーニングしている
のか?

筋トレしてその筋肉をどんなカタチにしたいのか?

 

例えば腕立て伏せを漠然とただ適当なフォームで、回数を
こなしたところで筋肉がつくわけではありません。

同じことが懸垂や腹筋、スクワットやランジにも言え
ます。

ほんの少しやり方や、姿勢を変えるだけで、筋肉に
対する刺激(負荷)は変わります。

刺激(負荷)が弱い姿勢だともちろん効果はあまり出ま
せん。大きくするか細くするかでも負荷のかけ方は変わって
きます。

人によっては負荷が強すぎて、その負荷を逃がすために
姿勢をうまくごまかす方もいますが、何のためにトレー
ニングしているのか想像しないといけません。

カラダを変えたいから、負荷を筋肉に与えて厳しい
トレーニングをしているはずです!

アーノルド・シュワルツェネッガーのトレーニングは
おそらく想像を絶する内容でしょうが、本人は自分の
カラダをどうしたいか常に想像して過酷なトレーニングにも
楽しんで立ち向かっていたんだと思います。

私だって週に2回自分のトレーニングをワクワクして
しているわけではありません。。。

日によっては気分の乗らない日もありますが、そんな
時は理想の自分のカラダを想像してトレーニングに
臨んでいます!

 

腕立てなら「胸・お腹・腰」を、腹筋は「お腹だけ」を、
懸垂なら「背中だけ」を意識してトレーニングする
ようにしましょう。

そして出来るなら、どんな胸板・お腹・背中にしたいのか
イメージしてトレーニングするとより良い成果が出る
でしょう!

ガムシャラにただ漠然とトレーニングするよりも間違い
なく効果が出ますから、「意識」と「イメージ」を大事に
筋トレやトレーニングして欲しいと思います!

それでは、また。

 

追伸

男性と女性で憧れる理想のカラダは違います。

私は川田軍曹のような「気持ち悪くないビルダー体型」
なりたいと思っていますが、多くの男性は細マッチョが
理想体型だと思います。。。

女性はただ痩せるだけなら、食事制限でいいでしょうし、
メリハリのある魅力的なカラダを目指すなら、筋トレや
ヨガやピラティスなどの運動をした方がいいでしょう。

理想のタレントさんやモデルさんのカラダをイメージして
トレーニングに励むとモチベーションも上がりますので
ぜひ、お試し下さい!

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

こんなにトレーニングマシンがなくて大丈夫なんですか?


こんばんは。埼玉県越谷市にある
アーミーフィットネスジム
伊藤隊長です。

テニスの全米オープン、錦織選手惜しかったですね!



 

←錦織選手!

 

 



 

←惜しくも準優勝!

 

 

フルセットの連戦で足がもう残っていなかったと
言っていましたが、それでも日本人初の快挙で、
体格に劣る日本人でもテニスで世界一になれる
可能性があることを証明してくれました。

特に今回クローズアップされているのはマイケル・
チャンコーチの存在です。

ものすごく厳しく「鬼軍曹」といも呼ばれているらしく
いろいろエピソード(厳しいトレーニング・指導方法
・メンタルなど)が気になるところです。

 

さて、本日はアーミーフィットネスジムトレーニング
マシンについてお話したいと思います。

アーミーフィットネスジムに見学に来られた方の感想で
たまに聞くのが

「こんなにトレーニングマシンがないんですね。。。」

というものです。

アーミーフィットネスジム自体重トレーニングが
主体となっているので、トレーニングマシンは懸垂バー
くらいです。



 

←懸垂バー

 

 

 

補助的にスラックラインやバランスボール、登り綱、
縄跳び、サンドバックなどがありますが、メインは
器材を使わない自体重トレーニングです。



 

←スラックライン

 

 



 

←登り綱

 

 



 

← サンドバック

 

 



 

←フリーウェイト

 

 

 

 

自衛隊では自体重トレーニングがメインです。
(重い装備や武器を携行したりはしますが)

体育館や屋外にフリーウェイトがある駐屯地もありますが
使っている隊員はごく一部の筋トレ好きです。

鉄棒は懸垂をするためにどこの駐屯地でも必ずあります。

自衛隊員に細マッチョが多いのは、ジョギングと自体重
筋トレをしっかり錬成しているからです。

特に体力検定が1年に1回あるので、腕立て伏せと腹筋、
懸垂は日頃からしっかり錬成しています。

 

スポーツクラブでは、トレーニングマシンはもちろん、
フリーウェイト、ランニングマシン・バイクなど
数も種類も豊富に揃っていますし、風呂・シャワー
などの施設もきれいでとても癒されます。
(私も大好きです!)



 

←自衛官時代通っていた
ジェクサー大宮!

 

 

しかし・・・トレーニングマシンがたくさんあれば
肉体改造効果が大きいとは一概には言えません。。。

当たり前の話ですが、マシンを使う人が適当に使えば
効果はあまり出ません

使っていればまだマシで、使っていなければ効果は
出るはずがありませんよね。。。

一方、自体重トレーニングも同じことが言えて、適当な
フォームで数だけこなしても効果はあまり出ません

もちろんしないよりはマシですが。。。

腕立て伏せや腹筋などはどこでも出来るので、出来ない
わけないのですが、していない人がとても多いと
私は感じています(体験者などを見て)。

 

肉体改造を成功するために最も必要なのは、
モチベーション」と「継続」です。

決して「トレーニングマシン」ではありません。

 

アーミーフィットネスジムでは「モチベーション」を
保ち続けてもらうために私や軍曹が横で叱咤激励・指導
しています!

継続」してもらうために確実にカラダが変わっていく
喜びと、いろんなイベントを開催したりしています
体重・体脂肪激やせコンテストや婚活イベントなど)。

 

・・・一体何のためにカラダを変えたいのか?

健康のため
異性にもてるため
自己満足するため
結婚式のため
同窓会のため

などなど・・・なんでもいいんです!

動機・モチベーションがはっきりしてはじめてトレー
ニングマシンを使うのです!

いくら高価なトレーニングマシンがあっても使わな
ければ効果は出ませんし、かと言って1回使用した
だけでは劇的な効果は望めません。。。

アーミーフィットネスジムではトレーニングマシンは
少ないですが、大きな「モチベーション」があって、
やる気がある人が肉体改造するには最適なスポーツジム
だと自負しています!

逆に言えば最新設備で一人で黙々とトレーニングしたい
方にはアーミーフィットネスジムには向いていません

シャワーやお風呂、サウナもないので、まったりしたい
人にも向いていません。。。

トレーニングよりも、楽しく・ゆっくり・まったり
したければ、大きなスポーツクラブに通われた方が
間違いなく良いと思います(リフレッシュ出来るので)。

 

いろんなジムの「カタチ」があって、どれを選ぶのかは
人それぞれです。

 

アーミーフィットネスジム本気でカラダを変えたい
人向きのジムです。

忙しいサラリーマンやOL、主婦の方々が、サッと本気で
トレーニングして、サッと帰って家族サービスや自分の
時間を充実して過ごしたい・・・

そういう方にとっては本当に良いジムだと思います!

それでは、また。

 

追伸

家に使っていないトレーニングマシンやダンベル
などがある方も多いのではないでしょうか
(実は私の家にもあります。。。)。

プロのスポーツ選手などは自宅に最新式のトレーニング
マシンを置いている人も多いです。

カラダのコンディションが成績・収入に直結するプロ
だから1台百万円前後のトレーニングマシンを買うので
あって、普通のサラリーマンや主婦、OLには必要ない
と私は思います

自体重での腕立てや腹筋でさえまともに出来ない
人がダンベルなんて買う必要ないと私は思います。

トレーニングマシンが好きな人もいるので、あくまで
人それぞれですが。。。

 

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,