Tag Archives: カラダ

使う筋肉を意識する!


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

京都アニメーションの火災事件で41歳男性がガソリンをばらまいて火をつけて、34人もの人を殺害しました(34人重軽傷)・・・



すごい憤りを感じるとともに、犯人がうちの近所(さいたま市見沼区)に住んでいたことを知り愕然とし、恐怖を感じました・・・

犯人が意識不明のため動機の解明などはまだですが、事件直前には近隣住民とのトラブルなどもあったみたいで恐ろしく感じました・・・

自分には関係ない事件だと思わず、気持ちのどこか1%でも「もしかしたら自分も・・・」と危機感を持って生活していくことが大事な気がしています。

あなたも1%の危機感を持ってくれたら幸いです。

 

さて本日は、使う筋肉を意識することについて少しお話したいと思います。

ある実験で被験者の胸筋と上腕3頭筋にEMG(筋電図)装置をつけてベンチプレスを行いました。被験者は意識を「胸筋だけ」、あるいは「上腕3頭筋」だけ」、もしくは「両方」に集中するようにレップ(回数)を行った。



すると意識した部位に強い刺激が伝わることがEMGに示された。

つまり胸筋に意識すると胸筋に上腕3頭筋に意識すると上腕3頭筋に、両方を意識すると両方に刺激が行き渡ることが判明した。

しかも興味深いことに被験者が1RM(1回挙げれる最大重量)の20~60%の負荷を挙上した時に起きて、60%以上の負荷の時は同様の結果が得られなかった

重すぎると「とにかく挙げよう」と部位を意識出来ず、狙った部位に刺激がいかないということです。逆に意識できる範囲で重量を挙上すればより強い刺激(収縮)を対象部に起こすことが可能であると推測されます。

 

MMC(マインド・マッスル・コネクション)という言葉があります。直訳すると「精神と筋肉をつなげる」、つまり「部位を意識してトレーニングする」という意味です。



トレーニングの際に「意識して!効かせて!」とよく言われますが、上記の実験からもわかるように部位を意識してトレーニングするのと、なんとなくただ回数をこなすだけのトレーニングでは大きな差とカラダに現れてくるでしょう。。。

アーミーフィットネスジムでは30分の自衛隊式自体重筋トレサーキットをメインにトレーニングします。これまでたくさんの会員さまを見てきて思うのが、腕立て伏せや腹筋、懸垂、スクワットなどただ回数をこなす人は、カラダはあまり変わってないように感じてます・・・

例えば腕立て伏せの場合、正しく自衛隊式ですると胸と体幹(腰・腹筋)を強く意識して実施するので、胸筋がついてお腹周りが引き締まります

腹筋もバディに強く脚を固定してもらって、ただ回数をこなすと腸腰筋という脚の付け根の筋肉を強く使ってしまい、腹筋に強い刺激があまりきません・・・

懸垂に至っては強くバーを握る人が多いので、腕ばかりに意識と刺激 がいき、懸垂で一番使う背中を意識できず、背中の筋肉に刺激がいかない人がほとんどです・・・



人と同じトレーニングをしていても肉体改造効果に差があるのは、遺伝や体質、食事など様々な要因がありますが、使う筋肉を意識するかそれとも適当にするかでも大きな違いとなってくるでしょう。

自体重トレーニングでもフリーウェイトでもマシンでも、使う筋肉の部位を意識してトレーニングの効果がより出るようにしましょう

特にダイエット目的の人は、大きな筋肉「胸・背中・腹・腰・腿・尻」を意識してトレーニングするようにして、腕や肩など小さい筋肉はあまり使わないように意識しましょう(^_^;)

逆に男性で腕や肩を大きくしたいひとは、懸垂や腕立て伏せで腕を強く使う意識でトレーニングしてください(^^)/

最後にしつこいようですが、回数にこだわらず使う筋肉を意識してトレーニングしましょう(^^)

それでは、また。

 

追伸

やっと夏らしくなってきました(^_^;)

アーミーフィットネスジムのお盆休みを8/12(月)~8/16(金)とさせていただきます(越谷&春日部共通)。

ご理解の程よろしくお願い致します<(_ _)>



 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

激痩せコンテスト2019結果発表!!!


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

7/14(日)の「暑気払い飲み会」には総勢30名弱の会員さまが、北越谷の「村上酒工場」で楽しいお酒と料理を楽しみました!




途中からサプライズゲストで川田軍曹も来て、元気な姿を見せてくれました(^O^)

次回の大きな飲み会は「忘年会」を予定しています!(もしかしたらそれまでに小さな飲み会するかもしれませんが(^_^;))

忘年会ではスタッフで何か出し物でもしたいと考えているので、ぜひたくさんの会員さまにご参加していただければと思っています(^^)/

 

さて本日は、激痩せコンテスト2019の結果発表&感想を少しお話ししたいと思います。

早速ですが、以下結果になります!!!

体重部門



体脂肪部門



まず体重部門で個人的に素晴らしいと思うのは、比較的新しい会員さまの3位Oさん(-6.45kg)です!



Oさんはおそらく入会した時に較べたら10kgは痩せました(゜o゜)

エントリーした時点でけっこう痩せてしまっていたので、個人的には1位だと思っています(^_^;)

Oさんは後述しますが、体脂肪部門でも3位(-5%)になっています。

本人に話を聞くと食事制限をきちんとして、トレーニングもジムに週に2,3回きちっと来るように心がけていたとのことでした。

まさしく王道!なかなか簡単なようで簡単な事ではないので、単純に素晴らしいと思います!!!

個人的には次は筋肉量を増やすためにぜひフリーウェイトにもチャレンジしてほしいなと思っています(^^)

 

一方、体脂肪部門で素晴らしいと思ったのは1位のOさんと5位Nさんの女性コンビです!

一般的に女性は筋肉が男性よりもつきにくいと言われています。

それなのにこの2名はきっちり落としてきました(゜o゜)

特に1位のOさんはもともとけっこう細く、体脂肪は28.6%から20.5%へ落としました!(体重は-3kgでした)

ちなみにNさんは34.2%から29.7%になりました!(体重は-3.7kgでした)

 

OさんもNさんも見た目が明らかに引き締まりました(゜o゜)

女性は年齢にもよりますが体脂肪28~35%が標準とされています。



それを考慮すると二人とも本当に素晴らしい結果だと思います!

 

最後になりますが、改めて「激痩せコンテスト」に参加された皆さん、本当にお疲れ様でした<(_ _)>

糖質制限やカロリー制限、脂質制限などいろいろな食事制限を頑張った方が多いと思います。

このまま食事制限がストレスなくカラダにあっていれば続ければいいですし、一度解除してカラダにご褒美をあげてもいいかもしれません(^_^;)

これからの人生で痩せたいと思う時、例えば結婚式や入学式、卒業式、同窓会などその2か月前からしっかり準備すれば誰でも3~5kg位は普通に痩せれると思います。

体重がそんなにない人は体脂肪部門1位のOさんのように、トレーニングすることによって体脂肪をしっかり下げることが出来ると思います。

トレーニングも食事制限もモチベーション(目標)が必要です。

特に食事制限は大きなモチベーションが必要になります!

今回参加された方はこの経験を糧にして、これからより自分が望むカラダを目指してダイエットや筋肉増量など頑張ってほしいと思います!

それでは、また。

 

追伸

私個人的には現在体重が78kg、体脂肪が12~15%くらいなのですが、将来的には体重を5kg増やして83kg位にして、体脂肪が今と同じくらいにしたいと思っています。

食べるのが大好きなので、食べた分トレーニングも頑張れるんですよね(^_^;)

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

総負荷量を意識したトレーニング!


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

7/14(日)19時から22時まで「暑気払い飲み会(3時間飲み放題)」を予定しています!

最初はジム内でBBQや流しそうめんなどしようかと思ったのですが、人数が多くなってきたのでやっぱり居酒屋ですることにしました(^_^;)

7/12(金)まで参加受け付けますので、楽しく飲んでワイワイしたい方はぜひご参加を(^^)/



 

さて、本日は総負荷量を意識したトレーニングについて少しお話したいと思います。

最近よくトレーニング雑誌等で「総負荷量」という言葉を目にします。

総負荷量とはトレーニングで使用したダンベルやバーベルなどの「重量」×「回数」×「セット数」の総重量のことです。

たとえばベンチプレスを100kg×10回×3セットしたら、総負荷量は3000kgになります。

加えて他にもスクワットやデッドリフトなどのトレーニングもしたら、その総重量も足したものがその日の総負荷量になります。



注意が必要なのは、総負荷量を「1日単位」で考えるのではなく、「1週間単位」で考えることです。

例えば1週間で月曜日スクワットで100kg×10回×5セットで5000kg、水曜日ベンチプレス90kg×10回×3セットで2700kg、金曜日デッドリフト120kg×10回×5セットで6000kgしたとしたら、その週の総負荷量は13700kgになります。

一方、例えば1週間でビッグ3を2回するとします。

火曜日にスクワット100kg×10回×3セットで3000kg、ベンチプレス80kg×10回×3セットで2400kg、デッドリフト100kg×10回×5セットで5000kgになり、この日の総重量は10400kgになります。

金曜日に軽めにするイメージでスクワット90kg×10回×3セットで2700kg、ベンチプレス70kg×10回×3セットで2100kg、デッドリフト100kg×10回×3セットで3000kgになり、この日の総重量は7800kgになります。

火曜と金曜の総重量を足したものがこの週の総負荷量18200kgになります。

週に3回ビッグ3を各種目でした時の総重量が13700kgなので、週2回ビッグ3をした時の方がカラダをより追い込めた、より負荷をかけられたということになります。

 

ある研究からも総負荷量が高い程、筋肥大の効果があることがわかっています。





個人的にはトレーニングの質と量を総負荷量で数値化することによって、自分のカラダの成長がよりわかるような気がしています。

今週私は初めて週2回ビッグ3をしたのですが、火曜日が総負荷量12000kg、金曜日が9000kgで週間総負荷量は21000kgでした。



このデータを基本として、来週以降、3か月は総負荷量30000kgを目指して?総負荷量を意識したトレーニングをしてみようと思っています。

フリーウェイトしている方は、ぜひ週間の総負荷量を意識してトレーニングしてみてください!

総負荷量が伸びていくという事は自分の筋肉量や筋持久力(体力)が伸びているという事ですから(^^)/

それでは、また。

 

追伸

総負荷量のトレーニングのマイルールとして、トレーニングする時間は1時間~1時間半までとしています。

メインセットの重量は10回出来る重量として、インターバルは2~3分にしています。

アップセットの重量は計算に入れず、メインセットのみの重量を計算しています。

・・・単純に計算しやすいからという理由です(^_^;)

ご参考にしてください!

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,