Category Archives: レップス

ベンチプレス100kg1回上げるには(隊長)


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部市にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

暑い日が続きます。。。

越谷店のジムのエアコンは設置して11年目になり調子が悪くなってきたので、先日オーバーホールを実施しました!その効果は抜群でめちゃくちゃ冷房の効きが良くなりました(>_<)

加えてマンツールームも去年冷風機を買ったのですが全然効かなかったので、オーバーホールと一緒にエアコンも設置しました!

電源工事が必要だったり室外機を屋上に設置したりと痛い出費でしたが、マンツールームも快適になりました(^^♪

今年の夏は本当に暑くなる気がしてたので、早めに工事も終わって一安心しています(^^;)

 

さて本日はベンチプレス100kgを1回上げるにはどうしたら良いかについて少しお話したいと思います。

ベンチプレスで100kg上げたい男性は多いような気がします(^^;)

スクワットやデッドリフトだと100kg上げれる人は多いのですが、ベンチプレスで100kg上げれる人は中々いません。。。

アーミーフィットネスジムでは基本「MAX重量1回上げ」を禁止にしています。

理由は単純に、失敗したら危険でケガをするリスクが高いからです。

それでもどうしてもベンチプレスで100kgを1回上げたい方は、「85kg×8回×2セット」を目安にしましょう!

RM換算表という便利な表があるので、それを参考にすると80kgを10回上げるか、85kgを7回上げると100kgが1回上がることになっています。

ですので85kg×8回×2セットがクリア出来ればほぼ間違いなく100kg1回上げれると思います!



もし85kg×8回×2セットをクリアした人が実際に100kg1回を試してみたい場合は、自宅やマシンジムでする方は必ずセーフティーバーを設置しましょう。

アーミーでどうしてもチャレンジしたい方は、空いている時に私かヒロキ(渡辺はムリ)に必ずフォローしてもらうようにしてください。

勝手に一人でチャレンジして潰れてしまうと危険ですので、絶対にしないようにしてください。。。



個人的には私は最大重量1回上げよりも6~10回上げれる重量でトレーニングする方が好きです。ケガのリスクは低いし、筋肉量もついて体が引き締まるからです。

最大重量1回上げは何度も言いますが、ケガのリスクが高いです・・・

私はベンチプレス100kg×8回×2セット出来るのでRM換算表から120kgが1回上がる計算になりますが、実際に120kgにチャレンジするのはかなり怖さを感じます。。。

特にトラックの副業をしてから右肘に少し違和感があって痛みがある時があるので、なおさら最大重量1回上げをしたくはありません(*_*)

とにかく、どうしても男としてベンチプレスで100kg1回上げたい!!!という方はまずは「85kg×8回×2セット」を目標にトレーニングに励みましょう(^^)/

まずはそれからです(^^;)

それでは、また。

 

追伸

スクワットとデッドリフトのRM換算表も載せておきます。



 

特にスクワットはベンチプレスと同じく潰れると危険ですので、アーミーで最大重量1回上げしたい方は、必ず私かヒロキにフォローしてもらうようにしてください。

ちなみにデッドリフトは上がらなくても危険ではないので、フォローがいなくても最大重量1回上げにチャレンジしても大丈夫です(^^;)

 

Tags: , , , , , , , , , ,

レップス・インターバル・セット数について(軍曹)


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の川田軍曹です。

GWはゆっくり出来ました。またしっかり会員さまを指導していきたいと思います!

さて、今日は少しややこしいのですが、なるべく簡単にレップス・インターバル・セット数についてお話ししたいと思います。

筋肉をどうしたいのか?によって、レップス(回数)とインターバル(休憩)を使い分けることによって、トレーニングの効果を大きく向上させることが出来ます。



簡単に言うと・・・

筋肉量を増やしたい場合のレップスは「6~12回」をギリギリ出来る重量を使って、2~3セットすると効果的です。

セット数は出来れば3セットがおススメです!私の経験的にも2セットと3セットでは確実に大きく違う!?ので、ぜひメイン重量は3セットしましょう!

ちなみに筋肉量を増やしたい場合のインターバルは1~3分以内にしましょう!

筋持久力を向上させたい(細マッチョになりたい方やパンプさせたい)場合のレップスは「15~20回」出来る重量で3セット以上しましょう。インターバルは60秒以内が効果的です。

筋力を向上させたい場合はのレップスは「1~4回」、インターバルは5分程度が効果的です。セット数は2~4セット位が効果的だと思います。

 

以上の法則を踏まえて、私の場合は筋肉量の増加を目指しているので、BIG3や大きな筋肉をトレーニングする場合、メインセットまでのアップは重りの付け替えが終わって少ししたらすぐに重量を上げていきます。

メインセットのインターバルだけは2~3分しっかりあけて、メインの重量を3セットします。

腕や肩など小さな筋肉をトレーニングする場合は、1分のインターバルで、しっかりコントロール出来る軽めの重量で、レップスは10~15回を2~3セットしています。

 

トレーニングの種類、方法は幾万通りあるので、「これが正解」というものがあるわけではありません。

私の方法はあくまで参考にしてもらって、自分にとってより良い肉体改造効果が出るようなトレーニングの方法を常に探してもらいたいと思います。

これからもより肉体改造効果が出るトレーニング方法を、アーミーフィットネスジムの会員さまにお伝えしたいと思っています。

それでは、また。

 

追伸

今月からレンジャーが川口店支援が無くなったのもあり、毎週火曜日は私が春日部店にOPENラストで常駐することになりました。

春日部店の会員さま、どうぞ宜しくお願い致します。



 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

レップス(回数)について


こんばんは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

忘年会シーズンまっただ中ですね!ジムからの帰り、越谷駅周辺の居酒屋でもたくさんのサラリーマンやOL,主婦の方々が楽しそうに飲んでいるところを目にします。

アーミーフィットネスジムでは11月に3店舗合同忘年会をしたので、12月は忘年会はもうありませんが、1月20日に越谷店、春日部店それぞれ各店舗近辺の居酒屋で新年会を開催します!

各店舗の会員様はお時間あればぜひご参加お待ちしています!

 

さて、本日はレップス(回数)について少しお話したいと思います。

レップスとはトレーニングで実施した回数のことで、例えば腕立て伏せを20回した時は、「腕立て伏せ、20レップス」といいます。

トレーニングにおいてレップス数は非常に大事です。単純にたくさんの回数をすればよいというわけではありません。

基本的に「筋力を伸ばす」「筋肥大させる」「パンプさせる」目的により
レップス数は変わります(以下参考までにトップボディビルダーの鈴木雅さんのレップス数の考え方を記しておきます)。



筋力を伸ばす⇒5前後

筋肥大させる⇒6~12

パンプさせる⇒10~30

以上が目安になるので、フリーウェイトでスクワットやベンチプレスをしているのなら、自分の目的に応じて、上記のレップスが出来るウェイトを使ってトレーニングしなければ効率が悪いと言えます。

ただしアーミーフィットネスジムではほとんどの会員さまは自体重で腕立て伏せや腹筋、懸垂などをしているので、やみくもにレップス数を多くしないといけないと考えがちです(パンプ目的寄りになりがち)。

自体重トレーニングでも、ある程度のレベルまで到達したら、自分の目的によっては重りを背負ったり、強度を下げたりしないといけません。

例えば腕立て伏せで1分間で40回出来る人であればパンプアップしてパンパンにはなりますが、筋力や筋肉量が増えているかというとそんなに増えているとは言い難いものがあります。

そのまま1分間で50回以上を目指すのか、重りを背負ってぎりぎり10回出来る回数をするのかは、本人が筋肉をつけたいか、パンプしたいかにより異なります。

逆に女性で腕立て伏せが1分間でぎりぎり12回出来る方は、筋肥大効果が大きく筋肉がつきやすいレップス数ですので、筋肉をあまりつけたくないというなら膝をついて30回以上したほうが良いかもしれません。

個人的にはトレーニング種目を正しい姿勢で12回以上出来るなら、重りを背負った方がしっかり筋肉がついて基礎代謝があがり脂肪燃焼効果も期待できるので、効果は大きいと思うのでおススメです。

アーミーフィットネスジムの会員さまは、ジムに置いてある8kgや15kgのサンドバッグや20kg、30kgのバーベルなどを使用しても構わないので、レップス数を意識してサーキットトレーニングしてもらいたいと思います。

指導する側としても、会員さまが望む効果を提供したいと常に思っているので、集団サーキットトレーニング中、遠慮なく「重り背負っていいですか!?」とお声掛けしていただければと思います!

・・・遠慮は無用です!!!

それでは、また。

 

追伸

筋トレの効果を最大限に出すのにはレップス数に加えて、セット数とトレーニング頻度、インターバル(休息時間)についてもよく考える必要があります。

トレーニング頻度についてはこれまでもさんざん言っていますが、週1回よりも週2回(もしくは3回)の方が筋トレ効果は約4倍になるのでおススメです。

セット数は1セットよりも2、3セットした方が効果は大きいと言われています。

インターバルについては筋力アップなら3分、筋肥大なら1~3分、パンプなら40~60秒が良いと言われています。

ちなみに今週の強化ウィークは「筋トレ」です。中・上級者の方々は筋トレを2,3セット頑張ってより効果が出るように頑張りましょう!!!



 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,