Tag Archives: 教育

良いトレーナーの条件(見続ける・我慢する・壁になる)


こんばんは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

以前ファミリーマートに併設して、24時間ジムが設置されるというニュースがありましたが、最近ではプラス「コインランドリー」まで設置されるというニュースがありました。



たしかに近所にそんなファミリーマートがあれば一人暮らしをしていたらいいかも!と思いました(^_^;)

これからさらにコンビニは無人化、キャッシュレス化に進化・変化していくと思います。

アーミーフィットネスジムもどんどん進化していかないといけないなと、ニュースを見て強く思いました(゜-゜)

 

さて本日は、私の考える「良いトレーナーの条件」について少しお話したいと思います。

トレーナーでもプロスポーツ選手を指導するトレーナーと、私のように一般人を指導するトレーナーに分かれます。

さらにプロスポーツ選手であれば、そのスポーツによるスキルコーチがいて、さらにフィジカルコーチやメンタルコーチが存在します。

一方スポーツをしていないサラリーマンやOL、主婦の方はスキルコーチやメンタルコーチは必要なく、フィジカルコーチつまりスポーツジムのトレーナーなどがカラダを引き締めたり筋肉をつけたり指導します。

もちろん一人で自宅や24時間マシンジムなどで運動するのであれば、トレーナーは自分自身となります(^_^;)

アーミーフィットネスジムでは必ずトレーナーの指揮下で30分サーキットトレーニングをしてもらうので、トレーニングの強度や量は会員さまを見てトレーナーが判断・決定します。

その際に、会員さまにとって良いトレーニングとは「効果が確実に出るトレーニング」です。

その良いトレーニングを提供するために、私が考える良いトレーナーの条件とは以下になります。

①見続ける:トレーニングの様子、体調、負荷の設定が適切か

②我慢する:教えすぎない、あわてない、欲張りすぎない

③壁になる:正しい手本・模範・強さを示す

 

①の見続けるについては当たり前のことですが、特に顔色は良く見て適切な負荷を与えないと怪我につながるので注意しないといけません。

あとはトレーニング中、負荷が楽なら上げて、きついなら下げてあげないといけません。負荷の設定を適切に指導出来ないのであれば指導者としては失格だと思います。

「見続ける」ということは基本にして一番大切な要素だと思います。

 

②の我慢するについては、会員さまのレベルに応じて適切なアドバイスをしないといけないのにあれもこれも欲張って、結局会員さまの身にならない指導になることが時々あります。。。

指導・アドバイスはわかりやすくて、言葉少なく、その人の現在のレベルに応じた適切なものであるべきだと強く思います。

つい欲張ってあれもこれも指導したがる時が時々ありますが、あまり伝わっていない時は我慢して、わかりやすい指導をするように心がけています(^_^;)

 

③の壁になるについては、自体重筋トレをはじめ、フリーウェイトやバトルロープ、スラックライン、ボクシングなど口だけでなく、しっかりした手本・模範を示さないといけないと思っています。

会員さまにトレーニングを継続すればこんなに出来るようになるんだ!と思ってもらわないといけません。

私に関して言えば、フリーウェイトやボクシングに関してはプロでも何でもないからこそ、一般人でもこれだけ出来るようになるんだ!という模範にならねばと強く思っています

 

1月からアーミーに新しくトレーナーとして入ったヒロキの教育についても上記3つを心がけて教育しています。

アーミーフィットネスジムのトレーナーがより良いトレーナーになれるように、これからもしっかり教育していきます!

これからもスタッフ一同より精進していきますので、宜しくお願い致します<(_ _)>

それでは、また。

 

追伸

越谷店にも設置したケーブルマシンがとても肉体改造に効果的ですので、春日部店にも導入することにしました!

合わせてケーブルマシン講習会を毎月月末日曜18時から開催します!

ケーブルマシンを使いこなしたい方はぜひご参加ください(^^)/



 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

川田軍曹から学んだこと


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

早いもので、2018年が終わろうとしています。。。

アーミーフィットネスジムの営業も12/30(日)が年内最終営業日になります(新年は1/5(土)から通常営業)。ご理解の程どうぞ宜しくお願い致します。



今回のブログでは、川田軍曹から学んだことを少しお話したいと思います。

本当に時が経つのは早く、とうとう今月末をもって川田軍曹が退職致します。

川田軍曹はアーミーで丸6年間勤務してもらいました。元自衛官で、かつトレーニング歴も長く、アーミーのシンボルとして本当に大きな存在でした。



特にフリーウェイトトレーニングにおいて、軍曹から実際に見て聞いて学んだことは、本からだけでは絶対に学ぶことが出来なかったと思います。

他にも日頃の食生活など、きちんとタンパク質を毎食食べている様子を見て、当たり前のことですが、軍曹のカラダは「トレーニングと食事から出来ている」ということを強く感じました。

「筋肉は1日にしてならず」

軍曹からは日頃の生活がいかに大切かということを強く学んだ気がします。



あとは実際にゴールドジムやボディビルダー裏話などを聞いたりして、そうなのか!と思ったこともたくさんありました(゜-゜)

ボディビルダーの食生活や日焼けなど、一般人の感覚からしたらおかしいことなど、本で読むのと実際に話で聞くのとではやはり実感として違うと思いますし、すごく参考になりました(^_^;)

今年、軍曹自身35歳を迎え、この仕事を一生続けていこうとは残念ながら思えなくなったみたいです。

自分でトレーニングするのと、人にトレーニングを指導するのは全く違います。年齢、性差、元々持っている素質ややる気、理解力の差などアーミーに来る会員さまは本当にみんな全く違います。。。

軍曹のトレーニングはストイックで厳しいと評判ですが、それが良いという人もいればしんどいという人もいて・・・そのあたりのジレンマも退職理由の一つにつながったのかもしれません。。。

軍曹はサービス業・接客業としてトレーニングを仕事にするよりも、仕事は別にしてトレーニングは自分で趣味・いきがいとしてしっかりしていきたいと決めたみたいです。



私からしたら寂しい決断ですが、軍曹の気持ちも十分理解できるので気持ちよく退職を受け入れました。

軍曹の新天地での活躍を心から応援したいと思います!

軍曹、お世話になりました!これからも元気で頑張って!!!

それでは、また。

 

追伸

このブログが私の2018年最後のブログ更新になります。

アーミーの会員さまもブログの読者さまも、本年も大変お世話になりました。本当にありがとうございました<(_ _)>

来年の営業は1/5(土)から通常営業になります(越谷店&春日部店とも)。

新年度からはレンジャーの弟がアーミーに新しくトレーナーとして入隊予定です。しっかり教育をして会員さまの前に出しても恥ずかしくないように厳しく指導しますので、楽しみに?お待ちください(^_^;)

最後になりますが、来年もみなさまにとって良い一年になりますように!!!

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

恐怖のレンジャー漫談&コント!


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

実はなるべく月に1度は、アーミーフィットネスジムとして何かイベントを開催したいと考えています(^O^)

というわけで、今月は初めてのイベントとして、レンジャー佐々木による「恐怖のレンジャー漫談&コント」というイベントを開催します!



そこで今回のブログでは、「レンジャー」に対する私の気持ちを少しお話して、イベントの告知もしたいと思います。

「レンジャー」とは・・・以下簡単にウィキペディアから抜粋します。

陸上自衛隊では、レンジャー課程・教育について、実戦的環境下で段階的に与えられる困難な想定を克服して、自ら進んで難局にあたる気風を醸成し、旺盛な責任感と体力の限界においても任務を完全に達成する俯仰不屈の気力を涵養する、としている。

陸上自衛官約14万人のうち、約8%の隊員がレンジャー資格を持つ。なお、レンジャー隊員になっても、手当が増額するなど、直接的な待遇面での優遇は無い。

訓練に参加するには、年齢・体力の基準を満たしていなければならない訓練期間中、学生は、教官からのあらゆる指示には絶対服従であり、一切反論せず「レンジャー!」とのみ応える

陸曹士課程の期間は9週間とされている。まず4週間の予備訓練で体育(体力向上運動、持久走)、障害物走路、銃剣術、生存技術[注 2]、ゴムボート訓練が行われる。次に山岳基礎訓練(ロッククライミング、リペリング、ロープ橋、患者搬送など)が1週間、最後の斥候訓練が4週間とされる。

すべての訓練が終了すると、帰還行事が行われ、隊員にレンジャー徽章が授与される



私は自衛隊在籍時代はもちろん、今でも「レンジャー」の資格を持っている方々を尊敬しています

いや・・・持っていなくても「レンジャー課程・教育」に挑戦した方すべてを尊敬しています

私は過去、恥ずかしながらレンジャー素養(試験)に挑戦して屈み跳躍(ランジジャンプ)35回がどうしてもクリア出来ず(T_T)、最後お情けで素養に合格しましたが、そのふがいなさで自信を無くし、ビビッてチャレンジさえしませんでした・・・

当時、真剣にレンジャー教育に対して準備・錬成していなかったので、ビビッて挑戦しなかったのは仕方がないとはいえ・・・

今なお、元自衛官として大きな後悔の一つとして、レンジャー教育に挑戦しておけば良かったと心底思っています

その点、今は従業員で当時は新隊員同期としてレンジャー教育に参加した佐々木君は本当に尊敬に値します

残念ながら1ヶ月程度で原隊復帰(リタイア)してしまいましたが、その奮闘ぶりは同じ駐屯地で生活しているといやでも目につきました。

終わらない反省(腕立て&屈み跳躍&体幹&正座など)・・・





 

夜間に鳴り響く笛の音(非常呼集)・・・

飯&風呂の素早さ(1分?!)・・・

恐ろしいレンジャー5訓・・・



などなど、佐々木君に当時のことを聞くと、耳を疑うようなエピソードが盛りだくさんあります(゜-゜)

今回の「恐怖のレンジャー漫談&コント」では、そうした一般人からは想像できないエピソードや、会員としてトレーニングしているからこそわかるツラさを面白おかしく?!漫談やコントで会員さまにお伝えできればと思っています。

会員さま限定で「無料」で参加できるので、たくさんの方に拝聴していただきたいと思います!!!

佐々木だけではなく、私や渡辺もコントで協力予定!?ですのでお楽しみに!!!

それでは、また。

 

追伸

参加者が10人以下だと寂しいので、漫談だけで終わる予定ですが、10人以上いるとコントもやります!!!

温かい目で?!笑っていただけたら幸いです(^_^;)

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,