Tag Archives: 回数

回数・重量にこだわりすぎないように!


こんにちは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

また私の通っているワールドスポーツボクシングジム会員同士のスパーリング大会「足立ボンバイエ」の時期が近づいてきました!

今回は6月30日(日)開催決定とのことです。参加してみたい会員さまはスタッフまでお声掛けください(^^)/



 

さて本日は、トレーニングで回数・重量にこだわりすぎないようにという点について少しお話したいと思います。

自衛隊では年に1回、体力検定があります。腕立て伏せや腹筋は2分間で何回出来るか、懸垂(今はないみたいです・・・)は4秒1回で反動使わず何回出来るか計測します。



腕立てや懸垂で腕を伸ばし切っていなかったり(ハーフ)、腹筋で手を頭から離して振ってしていると注意され、ひどい場合はカウントされません。。。(-_-)

レンジャー素養試験では、腕立て伏せや腹筋はたったの25回で合格ですが、姿勢が悪いとカウントされず0回になることもあります・・・(私が過去挑戦した時、腕立て伏せ0回でした(T_T))

屈み跳躍(ランジジャンプ)は35回で合格ですが、跳ぶ高さが缶コーヒー2個分なので、とても厳しい種目です・・・(これも過去0回でした(T_T))

懸垂は反動を少しでも使ってはいけないので、きついことはきついですが8回でいいので合格できました(^_^;)

 

たまにテレビなどで腕立て伏せをチョコチョコ?して何回出来るか競うシーンなど見ますが、あれは自衛隊ではカウントされません。。。

効く部位も腕ばかりで、全身を鍛えるという観点から言えば効率が悪くて仕方ないと思います(腕だけ鍛えるなら良いです)。

腹筋で言えば、自衛隊式では肘を膝につけて1回ですが、本当に腹筋にだけ効かせたければ、そんなに上げる必要はありません

しかし逆に言えば、そこまで上げることによって「背筋」も鍛えられるので、効率が良いと言えます。

腕立て伏せや懸垂で、出来ないなら腕を伸ばし切らない「ハーフ」でも良いですが、出来る人はしっかり腕を伸ばし切った「フル」でした方がきついですが、肉体改造効果は抜群に良いと言えるでしょう。

 

アーミーフィットネスジムでは人が多い時、バディを組んで腕立て伏せや腹筋を1分(たまに2分)します。

その時にやはり人の目があるので、姿勢よりも回数重視でやってしまう人が多いと感じています。。。一概にそれが悪いとは言いませんが、回数を求めてハーフで回数を稼ぐ人を見るとつい注意したくなります。。。

人に勝つためにトレーニングしているのか?

それとも・・・

カラダを変えるためにトレーニングしているのか?

どちらなのか?

 

腕立て伏せで言えば、下を向いて首を伸ばしてあごを突き出せば回数は出来ますが、それでカラダが変わるかといえば効率が悪いとしか言えません。。。

それよりもしっかり前もむいてあごも上げながら、深いところまで腕を曲げて上げ下げした方がつらいですし回数も出来ませんが、肉体改造効果が大きいのはだれでもわかると思います(^_^;)

 

フリーウェイトで言えば、姿勢・回数・インターバルの関係で挙げられる重量は全く変わってきます

特に姿勢がイマイチだったり、インターバルが長すぎたりすると重量は挙がりますが、カラダは思ったように変わりません・・・

もちろん人それぞれ理想のカラダ、もしくはポリシーがあるので、一概には「これが絶対正しい」正解なんてないのが現実でしょうけど。。。

一般的には8回以下で「筋力」が、8~12回で「筋量」が、15回以上で「筋持久力」が向上すると言われています。

イメージとしてはゴリマッチョを目指すなら8回出来る重量を、細マッチョなら8~12回出来る重さを、女性で引き締めたいなら20回出来る重量を目安にトレーニングすれば良いと思います。

私の場合は、ゴリマッチョと細マッチョの間?を目指しているので、8~15回出来る重量を週によって変えています(体調等も考慮して)。

ただし一貫して「正しい姿勢」、ちゃんと「狙った部位に効く姿勢」でトレーニング出来るように重量を設定しています。

それは自体重トレーニングでやる腕立て伏せや腹筋、懸垂でも同じで、回数よりも姿勢を常に強く意識しています

 

どこに効いているのか?どこの筋肉を使っているのか?

トレーニングに慣れてきて、自問自答する余裕?が出来てきた人はぜひ回数・重量だけでなく、正しい姿勢・効かせる姿勢を意識しながらトレーニングしてもらいたいと強く思います。

それでは、また。

 

追伸

今年も例年通り「激痩せコンテスト2019」を開催します!

夏直前、1年で1番本気で食事制限を頑張れます!

カラダを一気に変えちゃいましょう(>_<)





 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ケーブルマシンを使いましょう! (2)


こんばんは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の伊藤隊長です。

突然ですが、アルバイトの市島さんがアーミーを辞められました。家庭の事情で仕方ないとはいえ、多くの会員さまから慕われていたので残念です。。。



さて、今年に入って越谷店に、3月に春日部店にケーブルマシンを導入しました。これはフリーウェイト会員さま以外、一般会員さまでも自由に使用していただいても大丈夫なのですが、まだそんなに使用率が高くありません。。。

とても効率的に肉体改造できるので、多くの会員さまに使用していただきたいので、3月からは月末最終日曜日に「ケーブルマシン講習会」を実施することにしました。



先月3/31(日)18時から第1回目となるケーブルマシン講習会を開催しました!越谷店は7名、春日部店は1名の会員さまが参加されました!

簡単なようで難しいというのが正直なところで、参加者の中でも上手い方もいれば不器用な方?もいて、あっという間の1時間でした(^_^;)

そこで今回のブログでは、アーミーフィットネスジムの会員さまにぜひトレーニング終了後、自主的にしてほしいケーブルマシントレーニングの種目、特に簡単に覚えれるものを2つ紹介したいと思います。

まず1つ目は「ケーブルクロスオーバー」です。これは「大胸筋」に効く種目になります。 やり方は簡単で、左右「鉄のわっか」のアタッチを左右の上につけて、それを持って引っ張り、胸の前で手のひらを合わせるように引っ張ってくるだけです。

ポイントは肘をあまり曲げず、腕の力をあまり使わず、胸を寄せます胸の谷間を作るイメージ?で私はやっています(^_^;)



2つ目は「ラットプルダウン」です。これは「広背筋」に効く種目になります。 これもやり方は簡単で、「ラットプルバー(長い鉄の棒)」を上につけて、椅子をセットして座り、上から引っ張るだけです。

少し胸を張って上体を倒して、ラットプルバーをあまり強く握らず、背中で引っ張るイメージです。



2つともとても簡単に実施できるので、一般会員さまなら30分自体重サーキット終了後に実施するようにしましょう(^^)/

フリーウェイト会員さまなら「ベンチプレス」をした後に「ケーブルクロスオーバー」を、「デッドリフト」をした後に「ラットプルダウン」をして胸や背中にしっかり刺激を与えるようにしましょう!

回数はチーティング(反動)を使わないで出来る重さで、10回~20回を2,3セットしましょう。

イメージとしてはギリギリ10回出来る重さでゴリマッチョ15回で細マッチョ女性の方で細くしたい方は20回出来る重さに設定するようにしましょう。

ケーブルマシンは使い方を覚えれば、本当に簡単に狙った場所に刺激を与えることが出来るので、興味のある会員さまは、遠慮なく使用してほしいと思います(^^)/

ただ恥ずかしながら・・・私自身過去にスポーツクラブに通っていた時にケーブルマシンを使ったこと、使おうと思ったことはほぼありません。。。

なんとなく難しそうで敷居が高いというか、自分でも出来るマシンをつい優先してしまうというか・・・(-_-)

自分のそうした経験から、興味があるのに興味があると言いづらい気持ちもわかりますが・・・勇気を出して?スタッフに言ってもらえれば簡単な上記2種目はしっかり指導します!

それ以上の種目はやる気があれば徐々に覚えていけばいいと思います。まずは基本の上記2種目をしっかり覚えてトレーニング後、自主練して帰っていただければと思います(^^)/

それでは、また。

 

追伸

ケーブルマシン講習会では1時間で5種目をしっかり説明・展示・実習しました。

4月は28日(日)18時からGW中ですが越谷店でのみケーブルマシン講習会を実施します! GW中ですがお時間ある方はぜひお待ちしています(^^)/

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

腹筋は毎日するべきか?しないべきか?(軍曹)


こんばんは。埼玉県越谷市と川口市、春日部にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム」の川田軍曹です。

先週、来週と結婚式参加が続きます。先週は弟の、来週は自衛隊時代の同僚の結婚式です。

私は全く結婚願望がないので、もちろん結婚式をしたいとは思いませんが、結婚式に参加するのはけっこう好きです。身内や友人の幸せな姿をみるのはいいものですね。

 

さて、本日は腹筋のトレーニングについて私の考えを少しお話したいと思います。

昔からトレーニングをしている人の間で、意見が分かれるのが腹筋のトレーニングです。



腹筋トレーニングの種目や回数、頻度などが人によっては全く違います。

腹筋は他の部位と違って回復が早いので「毎日やってもいい」という人もいれば、他のトレーニングでも腹筋を使っているから「腹筋のみのトレーニングはしなくていい」という人もいます。

特にスクワットやデッドリフトではすごく腹筋を使わざるをえないですよね。。。

私個人の考えは、頻度においては、ずばり「1~2日おきに」腹筋トレーニングをするのが良いと思っています。

過去に自分のカラダを使って腹筋トレーニングの実験をしました。

①トレーニング後、「毎回」腹筋トレーニングを実施

②トレーニング後、「週2回」腹筋トレーニングを実施

③トレーニング後、腹筋トレーニングを全くしない

①~③をそれぞれ3か月間ずつ実施した結果・・・②が1番腹筋がはっきりと浮き上がって見えました!!!



 

もちろん人によって、食事や腹筋トレーニングの種目・強度やボリュームも違うので、必ず②が良いとは言えませんが、あくまでも参考にしていただけたらと思います。

個人的には毎日腹筋トレーニングするのはメンタル的にきついと感じています。。。しかし週に1,2回なら無理なく続けられるのではないかと思います。

それでは、また。

 

追伸

腹筋をどれだけしても、その上に脂肪がつくので、腹筋を浮き上がらせるにはその脂肪を減らさないといけません。。。

一般的に体脂肪1ケタで腹筋が浮き上がってくると言われています。

極端な事を言えば、体脂肪が少なければ腹筋は誰でも割れて見えるので、腹筋をかっこよく見せたい方は食事制限や有酸素運動もしないといけないので、気長に頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,